デュオザクレンジングバームの成分

デュオザクレンジングバームの成分に界面活性剤は含まれる?

 

 

デュオザクレンジングバームには31種類もの成分が含まれています。

 

これらはいずれも肌に優しい成分となっています。

 

高い洗浄力を持っている従来のクレンジングは、肌への刺激も強いというのがこれまでの定説だったのです。

 

その定説から考えると、クレンジング効果の高いデュオザクレンジングバームには肌を傷つける成分が含まれているのではないかという不安が生じることでしょう。

 

デュオザクレンジングバームには31種類もの成分が含まれていて、これだけ数が多いと、美容成分以外の成分も含まれているのではと気になってしまいます。

 

しかし、デュオザクレンジングバームは、すべての成分がクレンジングに役立つ美容成分なのです。

 

デュオザクレンジングバームには、ナノコラーゲン、ナノヒアルロン酸、ナノセラミド以外に、抗菌作用や抗炎症作用のある、24種類もの植物エキスやビタミンCなどの、肌をケアする成分が配合されているのです。

 

 

抗炎症・抗菌作用は大切な成分

 

女性の肌は、乾燥しやすくなっています。

 

そのため、真皮が紫外線の影響を受けやすくなっていて、炎症系の肌トラブルが起こりやすくなっているのです。

 

 

デュオザクレンジングバームは界面活性剤入り!?

 

界面活性剤が入っているクレンジングは絶対にNG!…というのがスキンケアやエイジングケアの基本です。

 

界面活性剤は強力な洗浄力を持っているので、メイク汚れなどはしっかり落ちます。

 

しかし、肌にダメージを与えてしまうのです。

 

状況としては洗い過ぎの状態にもなるということですね。

 

そんな界面活性剤ですが、デュオザクレンジングバームにも使われているのです。

 

デュオザクレンジングバームには、グリセリルという合成界面活性剤が含まれています。

 

口コミでも、デュオザクレンジングバームは界面活性剤が入ってるから危険!という書き込みもありますね。

 

 

界面活性剤は危険?デュオザクレンジングバームは大丈夫?

 

デュオザクレンジングバームには、界面活性剤が使われている…。

 

使われているというだけで、危険というわけではありません。

 

界面活性剤にもいろいろあって、デュオザクレンジングバームに使われている界面活性剤はグリセリルという成分です。

 

グリセリルは、乳化剤として使用されているので洗浄力は持っていないのです。

 

洗浄作用を持たない成分の界面活性剤であれば、肌にダメージを与えることはありません。

 

 

デュオザクレンジングバームの成分まとめ

 

デュオザクレンジングバームは31種類もの成分が入っています。

 

言うなれば、デュオザクレンジングバームは、1つで5役の役割をこなせる万能型クレンジングなのです。

 

メイクを落とすクレンジングの役目はもちろんあります。

 

デュオザクレンジングバームの効能はそれだけではありません。

 

さらには、洗顔・角質ケア・マッサージ・トリートメントといった効果があるのです。

 

デュオザクレンジングバーム一つでこれらの働きをすべて行うことができるということですね。

 

デュオザクレンジングバームに用いられている、毛穴クリアカプセルという微粒子サイズのカプセルがあります。

 

これは、毛穴の奥深くまで入り込んで汚れを落としてくれるのです。

 

ですから、デュオザクレンジングバームの洗浄力の高さはお墨つきということですね。

 

毛穴クリアカプセルは弾力性が高いものです。

 

このことから、毛穴の内側を傷つけずに、汚れだけをしっかり吸着してくれるのです。

 

カプセルの中には、ナノコラーゲン、ナノヒアルロン酸、ナノセラミドなど保湿美容成分が含まれています。

 

このことから、クレンジングと同時に保湿ケアができるのが利用する人にとっては嬉しいポイントとなるのです。

 

コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドといった成分は、どれも乾燥ケアの定番です。

 

デュオザクレンジングバームに含まれるこれらの成分は、ナノサイズに縮小されていて、毛穴の奥深くに入り込みます。

 

そうすることで、角質層の細胞にしっかりと吸収されていくということなのです。

 

 

安心と特典多数の公式サイトは↓