デュオザクレンジングバームは肌荒れ知らず

デュオザクレンジングバームは肌荒れしにくいクレンジング剤

 

肌トラブルを防ぐためには、毎日のクレンジングと洗顔で、毛穴に入り込んだ化粧汚れ、皮脂、古い角質などをきちんと洗い落とさなければなりません。
しかし、汚れを落とすことばかりを意識しすぎて、自分の肌に合わないクレンジング剤を選んでしまっている人は多いです。
クレンジングをした後に、肌の乾燥やツッパリを感じることがあったり、ヒリヒリとした刺激を感じることがある場合は注意が必要です。
クレンジング剤の刺激によって肌荒れを起こす恐れがあるので、今一度クレンジング剤を見直してみましょう。

 

デュオザクレンジングバームは、肌荒れしにくいクレンジング剤として注目を集めています。
毛穴汚れまできちんと落とせる洗浄力を持ちながら、なるべく肌に負担をかけずにクレンジングできるよう作られています。
そのため、クレンジング後の乾燥やツッパリが気にならず、クレンジング剤が原因の肌荒れを引き起こしにくいです。
化粧汚れだけでなく、皮脂汚れや古い角質まで落としてくれるクレンジング剤なので、W洗顔不要で肌への刺激を最小限に抑えられるメリットもあります。
7つの添加物を使用していないこともあり、敏感肌の人でも安心して使用できます。

 

 

 

デュオザクレンジングバームの成分

 

 

デュオザクレンジングバームには、毛穴の奥まで入り込む洗浄成分カプセル「ナノマトリクス」が配合されています。
ナノマトリクスには、洗浄成分と保湿成分が閉じ込められており、体温でバームがとろけると同時に微粒子化して毛穴に入り込みます。
毛穴に入り込んだカプセルか、洗浄成分と保湿成分が放出されることで、毛穴の奥まで洗浄できますし、保湿成分が角質層まで浸透します。
デュオザクレンジングバームの“肌は潤いながら、毛穴汚れスッキリ!”の秘密は、毛穴クリアカプセルにありました。

 

また、デュオザクレンジングバームに含まれている美容保湿成分は全部で31種類で、肌のハリと潤いを実現する理想のバランスとなっています。
潤い・保湿効果が期待できる「ナノヒアルロン酸」「ナノセラミド」「サクラ葉エキス」、透明感を与える「プルーンエキス」や「ビタミンC誘導体」、キメ・毛穴を整える「トルメンチラ根エキス」や「セイヨウナシエキス」、ハリ・弾力を与える「ビルベリー葉エキス」などを含む31種類の美容保湿成分で美肌を目指します。
デュオザクレンジングバームから香るローズの香りは、合成香料ではなく「ローズ精油」を使用しているなど、無添加にも気遣って作られているクレンジング剤です。

 

 

 

クレンジング剤が肌荒れの原因かも

 

 

クレンジング・洗顔・スキンケアを毎日きちんと続けているのに、なぜか肌荒れが改善されない人は意外と多いです。
化粧汚れや皮脂汚れ、古い角質などを洗い落とすよう気を付けているのに、どうして肌荒れが治らないのでしょうか?

 

ケアを続けていても肌荒れが改善されない人は、クレンジング剤が自分の肌に合っていない可能性があります。
肌荒れを引き起こさないためには、確かに化粧汚れをきちんと落とすことが大切です。
しかし、汚れを落とすことばかりを意識してしまい、洗浄力の強いクレンジング剤で肌に負担をかけてしまってはいませんか?
クレンジング中にピリッとした刺激を感じたり、クレンジング後に肌のツッパリや乾燥を感じる場合は、使用するクレンジング剤を見直してみたほうが良いかもしれません。
例えば、オイルタイプのクレンジング剤は洗浄力が高いですが、肌を守るために必要な皮脂まで洗い落としてしまう可能性が高いです。
肌への刺激も強いため、敏感肌の人が使用すると肌荒れを起こす原因になります。
逆に、ミルクタイプのクレンジング剤は、肌への刺激が強い成分があまり含まれていません。
オイルタイプに比べれば洗浄力は劣るものの、肌を守りながら優しくクレンジングできます。

 

 

 

肌荒れを起こしやすい成分

 

 

クレンジング剤を選ぶときに注目したい成分が「界面活性剤」です。
洗浄成分としてクレンジング剤に配合されているもので、メイク汚れを落とすためにはどうしても必要な成分のひとつです。
しかしながら、界面活性剤が大量に配合されているクレンジング剤を使用すると、肌の潤いを保つために必要な皮脂まで洗い落とされてしまいます。
界面活性剤の配合量が多いオイルタイプ・リキッドタイプ・シートタイプのクレンジング剤を頻繁に使用することで肌が乾燥しがちになり、肌荒れを引き起こしてしまう人もいます。
濃いアイメイクを落とすときなど、界面活性剤の配合量が多いクレンジング剤は部分的に使用するなどして、肌全体に負担をかけないクレンジング方法を考えてみましょう。
界面活性剤のほかにも、クレンジング剤にはアルコール・DPG・抗酸化剤・香料・防腐剤など、さまざまな成分が配合されています。
人によっては肌に合わない成分があるかもしれないので、クレンジングで肌荒れを引き起こしてしまうことがないように、クレンジング剤を選ぶときには成分まで注意したいですね。
デュオザクレンジングバームは、危険な成分が含まれていない肌にやさしいクレンジング剤として、敏感肌の人にも多く使用されているようです。

 

安心と特典多数の公式サイトは↓